条件を絞って物件を探しましょう

賃貸物件を探す時、それは新しい生活に向けての第一歩を踏み出す時です。
学生さんの1人暮らしや、会社員になっての独立、家族が増えたので新しい家に引っ越したい、などライフスタイルの変化に合わせて賃貸物件を探すことでしょう。
もちろん予算があるかと思います。初期費用にかけられる予算、月々の家賃の予算、総合的に費用の予算を立ててその中で条件を絞って探しますね。
では、初期費用はどれくらいかかるのでしょう?
借りる物件や不動産屋さんによってさまざまなので、大体の相場なのですが
・仲介手数料/家賃の1か月分
・敷金/家賃の2ヶ月分
・礼金/家賃の2ヶ月分
・初めの1か月分の家賃
(これは地域によっても違いがあります。ここにあげた例は関東の例になります)
つまり、初期費用として大体、家賃の6ヶ月分になることになります。家賃が5万円だとして30万の初期費用が掛かることになります。
これは決して安い金額ではありません。これにプラスして、引っ越し代、新しい部屋の為の家具などを用意するとしたらかなりのまとまった金額が必要になります。
何かとお金が必要になる引越しの為の初期費用、何とか少しでも抑えて余裕が出来れば助かりますね。
不動産屋さんや貸主によっては、初期費用が相場よりも少ない所もありますので、条件をよく確認して賃貸物件を探してみましょう。また、初期費用があまりにも安い場合、それには理由がある事があります。不動産屋さんに質問をしてみればある程度の的確な回答が返ってきますので分からない事、疑問に思った事は遠慮なく聞いてみましょう!

初期費用やお家賃はなるべく抑えたいと思うのは当然です

賃貸物件を探す時、条件がありますね。例えば、駅の近く、間取りの希望、そしてもちろん家賃など。予算がいくらでもあれば理想の物件はすぐに見つかりますが、色々な条件が多ければ多いほど、予算内の物件は探しにくいもの。せめて初期費用くらいは抑えたいですよね。

契約成立の成功報酬

仲介手数料とは簡単に言うと、不動産屋さん側に入るお金です。物件を探す時はほぼ不動産屋さんを介して紹介をしてもらいます。その中で貸主と借主の条件が一致して契約となった場合に、その成功報酬として不動産屋さん側に入るお金です。払う側は、主に借主ですが、まれに貸主の場合もあります。

初期費用に掛かる相場は?

地域や場所によって相場の差はありますが、一般的には敷金・礼金・仲介手数料・入居費として1か月分の家賃前払い、になります。同じ不動産屋さんの物件内で次の引越しを決めた場合は敷金・礼金がかからないところもあります。物件紹介の広告に必ず初期費用について書いてありますので確認をしましょう。