初期費用やお家賃はなるべく抑えたいと思うのは当然です

この記事をシェアする

物件への条件

最初に出る条件としては、引っ越し先の場所かと思います。
どんなに理想の間取りでも、場所が遠かったら引っ越すことは考えてしまいます。
まずは、その地域の物件をWebなどで探してみましょう!間取りや条件が一致したら、その物件を取り扱っている不動産屋さんを訪ねてみます。
多くの場合は、不動産屋さんのHPをみてその中から物件を探しますので、おのずとどの不動産屋さんに行けばいいのかはわかりますね。予約を取って、早速内覧に連れて行ってもらいましょう。
チェックしなければならないのは、間取りももちろんですが物件の場所の回りの雰囲気や買い物のしやすさなど暮らしやすさの条件、そして治安なども要チェックです。なるべく暮らしやすく治安の良い所を選びたいものですね。

家賃などの条件

お家賃の問題は非常に重要です。敷金・礼金などの初期費用にも関わってきますし、収入と見合っていないお家賃では生活が危ぶまれます。かといって、あまりに安いと不安になるし。という事で、お家賃について周りの物件との相場に差があり、その点について疑問がある場合は必ず不動産屋さんに尋ねましょう。
基本的には貸主にとっては空き部屋があることは非常に厄介なのです。なるべく満室にして収入を得たいので、もしかすると交渉次第で少しお安くしてくれるかもしれません。実際に家賃交渉を行って月々のお家賃が安くなるケースもありますので、交渉出来そうな場合は是非してみましょう。
また、都市ガスかプロパンガスかでお家賃は変わります。都市ガスの場合は少しお高め、プロパンガスの場合は少しお安めにお家賃が設定されています。
プロパンガスの場合は初期費用は抑えられても、ランニングコストが都市ガスの2倍かかりますのでご注意を。