契約成立の成功報酬

この記事をシェアする

物件の紹介や、内覧などの物件案内

不動産屋さんに行くときは、借りたい家の条件を出してから行きますね。
すると、不動産屋さんはその時自分の会社の持っている物件から条件に合いそうな物件をいくつか紹介してくれます。お家賃に関して全く上限が無い場合は、間取りなどの条件のみに合う物件を案内できますが、大抵の場合はお家賃に予算があるもの。そこで、不動産屋さんは、お家賃の予算より「若干低め」から「若干高め」の物件をいくつか提示してくれます。そして紹介された側は安ければ安いなりの、高ければ高いなりの理由があることを知るのです。
その中から気になる物件をいくつか選び、不動産屋さんに連れて行ってもらいます。
珍しい機能のついた物件などはそれを目玉としてアピールされますし、とにかくよい所ばかりを紹介されますので、使い勝手の悪そうなところを見つけたら遠慮なく質問してみましょう。

契約の事務を代行

無事に住みたい(借りたい)家が決まったら、契約準備へと進みます。まずは不動産屋さんから貸主への連絡を入れます。手続きは不動産屋さんや貸主によって違いはありますが、万が一家賃が滞った時の保証人を立てなければならない場合もありますし、毎月の賃貸料を収めるだけの収入があるかどうかも確認をされます。
その後、家賃だけではなく、集合住宅の場合は管理料・駐車場代・駐輪代・町内会費などの月々に支払わなければならない金額の明確な提示や、仲介手数料や入居の際に必要な経費の提示があります。
これらは全て書面にて行われ、その書面作成を不動産屋さんが代行するのです。
その内容に納得が行けば、印鑑を各所に押して、賃貸契約が成立します。
ここで初めて、不動産屋さん側に仲介手数料としての成功報酬が支払われることになるのです。
不動産屋さんをめぐって内覧をしても賃貸契約が成立しなかった場合は仲介手数料はかかりません。